【対策方法】TOEICテストに申し込みできない時の対処法を徹底解説

トレンド
スポンサーリンク

TOEICの申し込みサイトがアクセス集中してしまい、サーバーがダウンしてしまっています。

TOEICの申し込みは先着順で早ければ早い人が申し込み確定できるシステムのため、応募者が多いとテストが受けられません。

そんな早い者勝ちなTOEICテストですが、本日は『toeicテストに申し込みできない時の対処法』や『対策方法』を徹底解説していきます!

最後までご覧いただけましたら幸いです!

スポンサーリンク

TOEICテストに申し込みできない!

TOEICのサイトがアクセス集中してしまい、申し込みが全然できないみたいですね。

そして現在はサーバーが落ちてログインすらできない状態とのこと。

倍率が高くて受験できないということが起こってしまっています。

また、現在Twitter上でですが、以下のような情報が回っています。

8月5日に申し込むのは難しそうですね。。

ですが6日以降サーバーが復活するのは間違いないので、復活次第、申し込む流れになります!

【対策方法】TOEICテストに申し込みできない時の対処法は?

現在はTOEICのサイトがサーバーダウンしてしまい、申し込みできない状態にあります。

早くて8月6日からサイトが復旧されると運営センターが仰っているのですが、サイト復旧後、またアクセス集中される可能性があるので、その際に少しでも申し込みできる確率が高い行動や対処法などお伝えしていきます!

TOEICに申し込みできない時の対処法1:別タブで画面を開く

これはマストです!

同じ画面から次のページを開いてしまうと、アクセス集中のため画面が読み込み中になってしまい、なかなか次の画面が出てこなくなります。

そこでしびれを切らして、戻るボタンを押しても戻っても読み込み中が続いてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

ですのでログイン出来たら、申し込みページからボタンを押す際には別タブで開きましょう。

別タブで開く方法はショートカットキーを使うか、マウス操作ですることができます。

shiftキー+クリック

マウスホイールをクリック

 

TOEICに申し込みできない時の対処法2:ネット環境が整った所で申し込む

電波が弱い電車内や外出先などでは電波が弱い可能性があります。

家のWi-Fiや建物内のWi-Fiを使ってアクセスすると次の画面が出てきやすい傾向にあるので利用して申し込んでみましょう!

 

TOEICに申し込みできない時の対処法3:パソコンから申し込む

スマホよりかはパソコンの方が申し込みやすい傾向にあります。

スマホは入れているアプリによっては常に通信している可能性があるので、通信スピードが遅くなってしまいます。

ですのでパソコンからだとページが開きやすい傾向にあります。

また、スマホとパソコンを同時に使ってみるというのも手かもしれません。

 

TOEICに申し込みできない時の対処法4:キャッシュを消す

キャッシュとは一度見たホームページのデータをパソコンの中に保存して、再度ホームページを見た場合に早く表示する機能の事です。

キャッシュはログインパスワードや履歴も保存されてしまっているため使用メモリが増え、パソコンやスマホ自体が重くなってしまい、TOEIC申し込みの妨げになってしまいます。

キャッシュを消してからTOEICの申し込みをすると成功する可能性が高まります!

キャッシュの削除の仕方はこちらから試してみてください!

 

TOEICに申し込みできない時の対処法5:コンビニ支払いにする

TOEICはコンビニ支払いか、ネットでの支払いなのですが、コンビニ支払いを選択しましょう。

コンビニ支払いだと、手順が少なく、申し込みが早く完了します!

ネットでの支払いをされている方も多いかもしれませんが、今回はコンビニ支払いで対応しましょう。

 

まとめ

本日は『toeicテストに申し込みできない時の対処法』や『対策方法』を書いてきました!

おさらいですが、アクセス集中し過ぎてTOEICテストに申し込めない場合は以下の事を試してみてください!

・別タブで画面を開く

・ネット環境が整った所で申し込む

・パソコンから申し込む

・キャッシュを削除する

・コンビニ支払いをする

就職や昇進テストの関係でTOEICを受けたい方は多いと思います。

ぜひぜひ、上記を試してみてTOEICテストに挑みましょう♪

 

トレンド
スポンサーリンク
えくぺりシェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました